副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

知ってました?2019年分から青色申告の控除額が10万減額!e-TAXやりますか?

来年の確定申告時、つまり今年2019年の申告分から青色申告の控除額が10万減額されることが決まっています。しかし、電子申告(e-TAX)すれば65万のままなのです。 来年の確定申告、電子申告やりますか?もし電子申告するならば、準備が必要です。

【初心者向け】副業Webライターで安定的に稼ぐには?『継続案件』がポイント

副業としてWebライターを検討している方の不安が「どれくらい稼げるのか?」「安定的に稼げるのか?」と、収入についてではないでしょうか?安定的に稼ぐには、継続案件を獲得しなければなりません。ただし注意点も確認しておきましょう。

副業Webライターが文章力を上げるために心がけていること

副業でWebライターを始めてみたものの、自分の文章力のなさに驚愕することもあるかもしれません。 文章力を向上させるにはインプットとアウトプットが重要。とにかく多くの本を読み、書き続けるしかないのです。

文章を書くのが苦手な方必見!文章構成方法『PREP法』をご紹介!

PREP(プレップ)法は、主にプレゼン資料や報告書など、ビジネス文書を作成する際に用いられる手法。結論から入るのが特徴で、Webライティングにもぴったりな文章構成方法です。具体例を示しながら説明します。

ライティングを始める前に確認しておこう!基本的な5つのルール

クラウドソーシングに登録をし、「さぁ、どんどん買いて稼ぐぞ!」と意気込んでいるかもしれません。 しかし、Webライティングは、自分のスタイルで好きに書いていいものではないのです。 まずは、基本中の基本を一度確認しておきましょう。

書くのが嫌いな僕が『集中しないライティング』を心がけている理由と方法

ライティングをしていて「集中力がない」「集中が続かない」などと自分を責めることもあるでしょう。しかし、「いかに集中するか」「集中力を保つか」が、ライティングに本当に必要なのでしょうか?集中しないでリラックスして書く方法をご説明します。

【Webライター初心者向け】プロクラウドワーカー認定で仕事が増えるのか?

クラウドワークスでは、ある一定の基準を満たせば認定される「プロクラウドワーカー認定制度」というものがあります。副業でも認定を得ることは可能です。認定されれば仕事が増えるのかを含めて、プロクラウドワーカー認定制度についてご説明します。

初心者Webライターはご注意を!『地雷案件』『地獄案件』『搾取案件』とは

相場より激安だったり、報酬に対して要求が過度な案件は、『地獄案件』『搾取案件』と呼ばれ、敬遠されています。今回の記事では、Webライターを始めたばかりの方向けに、そんな応募するべきではない案件を見極める方法をご紹介します。

マウスを動かさないで操作できる『エレコム トラックボールマウス』

より無駄なく快適にWebライターの仕事をするべく、昨年末あたりからスタンディングデスクやオカムラのチェアなどを導入していましたが、同時期に購入したエレコムの「トラックボールマウス」をようやく本日開封しました。なんでも慣れれば「自分にとって使い…

【初心者必見!】駆け出しWebライターの文字単価の相場はどのくらい?

Webライターを始めようか、と考えているサラリーマンの中には、実際どのくらいの収入が得られるのかわからず、二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。 そこで今回の記事では、僕が現段階で感じるWebライターの相場観を綴ってみます。

理想のパラレルワークについて考える

最近よく耳にする言葉、「パラレルワーク」。パラレルとは日本語で「並列」です。なので、パラレルワークという言葉は、会社員としてキャリアを生かして、複数の企業に勤める、という意味合いが元々は強かったようです。しかし、最近では、自分で商売を始め…

サラリーマンの副業に『Webライター』をすすめる4つ理由

Webライターは、家で好きな時間に仕事ができて経費もかからないし知識も身につく、副業に最適なお仕事です。 ちょっとした隙間時間を有効活用して、収入を増やしましょう。

文章はリズムが大切!文章をリズムカルにする6つのテクニックとは

文章はリズムが大切です。同じ語尾が続くような単調な文章はつまらないですし、書いていても楽しくないです。体言止めや助詞止めなど、文章をリズムカルにする6つのテクニックと、注意点についてご説明します。

推敲で質の高い記事に仕上げよう!推敲の7つポイントとは?

『推敲』とは、一通り書き上げた文章を見直し、おかしい部分を修正していく作業のことです。 推敲をするかしないかで、記事のクオリティに差が出ます。 今回の記事では、僕がおこなっている推敲の方法をご紹介します。

意外とあなたも使っているかも?『ら抜き言葉』に気をつけよう!

「ら抜き言葉」は、言葉の一部として必要な「ら」が抜けている誤った日本語です。 例えば、「見られた」「見れた」の場合は、「見れた」は間違った表現。 今回は、間違いやすい「ら抜き言葉」を確認し、判別方法を解説します。