副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

Webライターの文章術

文章が読みにくい?主語・述語の使い方3つのポイント

僕自身は経験ないのですが、「文章が読みにくい」「論理が破綻している」「何が書いてあるのか意味不明」など、もうほんと、やる気を削ぐようなコメントを目にすることがあるのですよ。クライアントさんによっては、所属ライターたちへのフィールドバックを…

【初心者Webライター向け】記事を執筆する際の8つのチェック項目

文章の基本中の基本を知らないと、いつまでも初心者Webライターのままかもしれません。 『記事を執筆する際の8つのチェック項目』と題してWebライティングで気をつけるべき基本中の基本を確認して、初心者Webライター」を早く卒業しましょう。

文章を書くのが苦手な方必見!文章構成方法『PREP法』をご紹介!

PREP(プレップ)法は、主にプレゼン資料や報告書など、ビジネス文書を作成する際に用いられる手法。結論から入るのが特徴で、Webライティングにもぴったりな文章構成方法です。具体例を示しながら説明します。

ライティングを始める前に確認しておこう!基本的な5つのルール

クラウドソーシングに登録をし、「さぁ、どんどん買いて稼ぐぞ!」と意気込んでいるかもしれません。 しかし、Webライティングは、自分のスタイルで好きに書いていいものではないのです。 まずは、基本中の基本を一度確認しておきましょう。

文章はリズムが大切!文章をリズムカルにする6つのテクニックとは

文章はリズムが大切です。同じ語尾が続くような単調な文章はつまらないですし、書いていても楽しくないです。体言止めや助詞止めなど、文章をリズムカルにする6つのテクニックと、注意点についてご説明します。

推敲で質の高い記事に仕上げよう!推敲の7つポイントとは?

『推敲』とは、一通り書き上げた文章を見直し、おかしい部分を修正していく作業のことです。 推敲をするかしないかで、記事のクオリティに差が出ます。 今回の記事では、僕がおこなっている推敲の方法をご紹介します。

意外とあなたも使っているかも?『ら抜き言葉』に気をつけよう!

「ら抜き言葉」は、言葉の一部として必要な「ら」が抜けている誤った日本語です。 例えば、「見られた」「見れた」の場合は、「見れた」は間違った表現。 今回は、間違いやすい「ら抜き言葉」を確認し、判別方法を解説します。

同音語「温める」「暖める」の使い分けを理解しておきましょう

「温める」「暖める」の使い分け、わかりますか? 使い分け方をしっかりと理解していないと、ライティング中に「ん?」と、一瞬キーボートを打つ手が止まってしまうことにも。 一度しっかりと確認しておきましょう。

どちらが正しい?「ずつ」「づつ」・「しづらい」「しにくい」

日本語は難しいですね。 例えば、「少しづつ」と「少しずつ」。 どちらを使っていますか?それとも、使い分けてる? その疑問、文章を書くWebライターであれば、早速解決しておきましょう。 合わせて今回は、「しづらい」と「しにくい」の使い分けもご説明!

失礼のない連絡文を!クッション言葉を使う 5つの場面

Webライターにおいては、クライアントとのやり取りなどで『クッション言葉』を使用することがあるでしょう。 クッション言葉を使用しない連絡文は、事務的で一方的な印象を相手に与えることも。 5つの場面でのクッション言葉を解説します。

同音語「十分」と「充分」どちらが正しい?違いと正しく使う方法

「十分」と「充分」の違い、わかりますか? 日本語には、このような同音語がたくさんあります。 Webライターであれば、「十分」「充分」は頻繁に書く機会があるのでは? 今回の記事では、「十分」と「充分」の違いと正しく使うコツをご説明します。

ネガティブワードを変換しよう!【ポジティブライティング】5つのコツ

ついついネガティブな言葉をつぶやいていませんか? Webライティングの際にも、知らぬうちにネガティブな表現を多用しているかも。 ポジティブな表現は、記事の内容に説得力を生み出します。 この記事では、ポジティブライティングの5つのコツを解説!

正確な情報伝達が重要!【2重否定の多用に気をつけよう】

2重否定を多用していませんか? 「否定+否定」の2重否定は、文章の内容がわかりにくくし、読者が混乱することも。2重否定は、情報の正確さに自信がない場合に使われる傾向があります。信頼される記事を書くためには、なるべく使用しないほうが望ましいです。

【2重表現】をうっかり使っていませんか?注意すべき5つのパターン

うっかり2重表現を使用していませんか? 普段の会話で何気なく使っている表現でも、文章で使うとNGなものも。 この記事では、2重表現の注意すべきパターンについてご説明します。 信頼性の高い記事をライティングするためにも、一度確認しておきましょう。

初心者ライター必見!回りくどい表現「こと」を多用しない

「~こと」や「~すること」を多用していませんか?「~こと」、「~すること」を多用しますと、ともすれば回りくどい文章という印象を与えるばかりか、「文字稼ぎ」と判定されることも。回りくどい表現を極力省けば、スッキリとした文章になります。

ライター必見!読点「、」の打ち方6つの原則と3つのコツ

読点「、」の打ち方、どうしていますか?正しい使い方を意識しながら打っているライターは少ないかもしれませんね。実は、読点の打ち方に決まりはなく、絶対という法則はありません。読点「、」の打ち方6つの原則と3つのコツをご説明します。

知らないでは済まされない!呼応表現のパターンを覚えておこう

「呼応表現」は、文中で「ある言葉」を使用した際に決まった言葉で受けなければいけない、というルール。正しく呼応表現を使っていないライターもお見かけします。 間違った呼応表現は、文章がおかしくなる原因に。 一度しっかりと確認しておきましょう。

あいまいな表現使っていませんか?断定で書く3つのコツ

Web上の文章は、「断定」で書くのが基本。「~だと思います」などの「推測」表現の多用は、その記事の信ぴょう性に関わります。 気持ちよく言い切る、断定する言い回しが、「Webライティング」では好まれます。 「断定で書くコツ」をご説明!

Webライティングのセオリー!漢字・ひらがな・カナカナの使い分け

漢字・ひらがな・カナカナの使い分けはどうしていますか? 「なんとなくその場の判断で」という人もいるかもしれません。 しかし、文章を書くのを仕事とするならば、自分のルールというものを確立させておくことは重要です。

【類語辞典】が便利!言葉を言い換えて表現力を豊かにするコツ

クライアントやブログの読者に「いつもこの表現だな。飽きたな」と思われているかも、と感じたことはありませんか? もし自分自身で心当たりがあれば、それは語彙力、表現力不足かも。マンネリ化から脱却し、文章の表現力を豊かにするコツをご説明!

その文章長すぎますよ!ワンセンテンス(1文)を短くしよう

Webの文章で「読みやすさ」は重要です。 回りくどい説明、表現は、ただの文字稼ぎにしか見えないことも。 いかに読んでもらえるかは、「いかに、読みやすい文章にするか」に尽きます。 読みやすい文章ために効果的な、ワンセンテンスを短くするコツをご説明!

その接続詞の使い方間違っていませんか?接続詞の使い方まとめ

接続詞は文と文をつなぐ際には、とても便利です。 便利ですが、ついつい多用してしまったり、使い方を間違うと、ちぐはぐとした文章になることもあり注意が必要です。 接続詞の種類、使い方を確認しておきましょう。

意外と知らない?修飾語の原則・ルールと使い方の注意点

修飾語の使い方にはルールがあり、違って使用すると、意味のわかりにくい文章になってしまいます。学生の頃にしっかりと国語の勉強をした人でも、わかりやすい文章を作成するためにも修飾語の原則・ルール、使い方を一度確認しておきましょう。

Webライティングの基本かも?あいまいな表現を回避する3つの方法

「読者にわかりやすく書く」が、Webライティングの基本。 抽象的であったり、具体的な事実がわかりにくい、「あいまいな表現」は、読み手に伝わりません。 今回は、ついつい使ってしまいがちな「あいまいな表現」にフォーカスし、具体的なコツをご説明!

稚拙な文章になっていませんか?【言葉の繰り返し】をしない工夫

1文や1段落の中で同じ言葉を複数回繰り返し使用すると、文章の質を落としかねません。 特に、「の」「は」「に」などの助詞を1文の中に多用すると、読者に稚拙な印象を与え、くどい文章になることも。言葉の繰り返しをしないための工夫をご説明します。

回りくどい言い回しになっていませんか?簡潔に書くための3つのポイント

Webライティングを始めて間もない頃は、文字数を気にしすぎて回りくどい言い回しを多用してしまうことも。しかし、質の高い文章とは、回りくどい表現を極力省いたスッキリとした文章です。 クライアントにダメ出しをもらわないよう、確認しておきましょう。

初心者Webライターなら知っておこう!わかりやすく書く極意まとめ

Web上の文章は、わかりやすく書くのが基本です。 前置きが長く、いつまで経っても自分の知りたいことが示されないと、そのサイトから離れてしまうことも。 今回は、わかりやすい文章を書くために知っておいたほうがよいポイントをまとめてみました。

見出しは必須!記事の方向性を決める【企画構成案】の作り方

見出しは、記事の内容を示す道しるべです。 見出しをしっかりと作ることで、記事の内容がわかりやすく読者に伝わります。 記事の作成の際には、タイトルから各見出し、まとめ分までの「企画構成案」を作りましょう。