副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

副業解禁の効果はあったのか?調査結果から見えた副業事情とは

2018年1月に、政府が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を公表しましたが、その後効果はあったのでしょうか?

「月刊副業」を運営する株式会社Catch the Webがおこなったアンケート結果から、現状を紐解いてみましょう。

 

副業解禁を知っていた人は34%

周りで副業始めた人います?

今回のアンケートは、正社員として働く男女1,000名を対象に副業意識の変化と、副業の実態を調査したもの。

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を公表から1年あまり経過したわけですが、このアンケートによると、副業解禁を知っていた人は34%に留まっているそう。

f:id:kojiabe1967:20190415212555p:plain

出典:月刊副業

正直、あまり浸透はしていません。

副業に興味がない人は三大都市圏に集中

 副業解禁を知った人の91%が副業に興味を示したが、全く興味がない人も。

これは、副業解禁のガイドライン公表後、実際に副業を認めているのは一部の大企業であり、多くの中小企業では副業を禁止している実態があるからですね。

たしかに、禁止されているのなら興味は持てないでしょう。

また、副業に取り組みたいと思わなかった人は三大都市圏に集中しているそうで。

副業に興味ない人にお住まいを聞いたのがこちら。

f:id:kojiabe1967:20190415212438p:plain

出典:月刊副業

都心部では、地方より賃金は高いですし、本業の選択肢や募集人員が多いためか、無理してまで副業をやろうとは思わないのでしょう。

 副業をする理由は?

副業に取り組んでいる人を対象に、副業をする理由を聞いたところ、もっとも多かった回答が収入や貯金などの「お金に関すること(44%)」。

次いで「時間の有効活用(29%)」、「スキルアップと人脈の形成(15%)」と続きます。

f:id:kojiabe1967:20190415212901p:plain

出典:月刊副業

やはり、お金のために副業をやっているのは当然の結果ですが、スキルアップや人脈の形成のために頑張っている人もいるんですね。

そういう方は意識が高いのでしょう。

たしかに、目先の金銭よりスキルアップや人脈形成に力を入れられれば将来役立つこともあるでしょうから、若い人ほどそうあるべきかな、とは思います。

 副業のトップはライター

どんな副業に取り組んでいるかで、もっとも多かった回答が「記事作成(21%)」という回答。

次いで、「投資(16%)」や「オークションやフリマ(13%)」と続きます。

f:id:kojiabe1967:20190415213053p:plain

出典:月刊副業

やはり、インターネットを活用した副業に取り組んでいる人が多数という結果です。

ちなみに、投資は副業ではありませんから。
副業は金銭を得るための仕事。

損するかもしれない投資を副業に含めるのはどうかと思うのですが。

 稼いでる金額は驚愕の結果

1ヶ月間に得ている副収入の金額は、60%の人が1万円未満という結果です。

f:id:kojiabe1967:20190415213218p:plain

出典:月刊副業

今回のアンケートで一番驚いたのがこれ。
1万円未満って......。

副業でWebライターを始めて1年足らずですが、1ヶ月に10万円くらい稼げますけど。

百歩譲って僕が特殊だとしたって、1万未満はないでしょ。

逆にどんな感じで仕事していると1万未満になるのか、逆に教えて欲しいくらい不思議です。

おそらく、ちょっとした小遣い稼ぎで始めてみたものの、思ったより大変だからやめた。そんなところでしょう。

お金を稼ぐということは、そんなに甘いものではありません。
いつかは本業の稼ぎを超えてやる!くらいの意気込みは必要ですよ。

副業=楽して稼げる

こんな図式を思い浮かべて始めるのなら、やめておいたほうがよいでしょう。

 副業に求めていることは

副業に求めるものを聞いたところ、「空き時間にできる(27%)」がもっとも多い結果。

次いで、「自宅でできる(22%)」、「楽しくできる」「スマホでできる」が、ともに12%という結果です。

f:id:kojiabe1967:20190415213320p:plain

出典:月刊副業

楽しくできるかは別にして、これってWebライターのこと、ですよね?

仮想通貨のことだ、なんて言わないでくださいね。

ぜひWebライターを始めましょう!

ガイドラインの公表で、一定数副業を始めた方はいるでしょうが、まだまだ一般的ではないようです。

働き方改革によって、残業時間が減り喜ぶ会社員がいる一方、残業代が減ってライフプランに支障が出る人もいるでしょう。

時間に余裕があるのなら、ぜひ副業を始めましょう。
その際は、パソコンやスマホがあれば好きな時間に稼げる、Webライターがおすすめですよ。

出典:月刊副業