副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

ライティングのお供におすすめ!ナッツ類の健康効果と食べる際の注意点

Webライターのみなさんは、ライティング中に食べるおやつは何ですか?
僕の最近のお気に入りは「ナッツ」です。

なんでナッツかって?
ナッツは、さまざまな健康効果が期待できる食品なのですよ。

今回は、ナッツ類の健康効果と食べる際の注意点を解説します。

 

 ナッツ類とは?

f:id:kojiabe1967:20190406224847j:plain

ナッツには、アーモンド・くるみ・カシューナッツ・ピスタチオ・マカデミアナッツ・ヘーゼルナッツなどがあります。

中でも一番一般的なのはアーモンドでしょうか。

抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できるビタミンEを豊富に含んでいます。

アーモンド以外でいえば、くるみには健康によいとされるオメガ脂肪酸が豊富ですし、カシューナッツ亜鉛や鉄などのミネラルが多いです。

ほとんどのナッツ類は脂肪を多く含んでいます。
脂肪とはいえ、牛脂やバターなどの動物性脂肪とは異なり、体によい脂肪です。

ナッツ類に含まれている脂肪は、生活習慣病の予防に効果がある不飽和脂肪酸であり、適度に摂取することで健康や美容によいとされています。

ナッツ類に期待できる効果

前述したように、ナッツは健康や美容によいとされていますが、具体的にはどんな効果が期待できるのでしょうか?

ダイエットやメタボに効果あり

ナッツ類に含まれる不飽和脂肪酸は、青魚やオリーブオイル、ごまなどに含まれている脂質と同様のものです。

不飽和脂肪酸はオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸に分けられますが、血中の中性脂肪コレステロール値を下げる効果があります。

また、悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、メタボ予防にぴったりな脂肪なのです。

特にアーモンドには、脂肪を分解して体内に吸収する酵素「リパーゼ」の働きをブロックする働きがあります。

つまり、分解、吸収されなかった脂肪は排出されるため、ダイエットにも効果があるのですね。

老化を防止して美肌にもよい

シミやシワが増える老化の原因が、体の酸化と糖化。
酸化を防ぐ効果があるのがビタミンEで、ナッツには豊富に含まれています。

また、糖化は体内の余分な糖とタンパク質が結びつくことでつくられる「AGE」という老化物質が原因とされており、特にアーモンドにはAGEを減少させる効果があるとされているのです。

便秘が解消される

ナッツ類に含まれている食物繊維は、水に溶けない「不溶性食物繊維」。

摂取されたナッツ類は、胃や腸内で水分を吸って膨らむため、腸の働きが活性化します。

ナッツ類には、便秘を解消する整腸作用があるのです。

ナッツを食べる際の注意点

さまざまな健康効果が期待できるナッツですが、注意が必要な点もあるのでポイントを押さえておきましょう。

食べ過ぎに注意

ナッツには脂質が多いので、食べ過ぎはカロリーオーバーになることも。

1日に25g程度が適量だとされているので、健康効果があるとはいえ食べ過ぎには充分注意しましょう。

植物油や食塩を使用していないもの

スーパーでは、ナッツ類はおつまみ用として販売されていることが多く、それらの多くは植物油で揚げて塩で味付けされています。

味が濃いものはついつい食べすぎてしまい、塩分の摂りすぎになりがち。

塩分の摂りすぎは高血圧につながりますのでご注意を。
食塩や植物油を使用していないナッツを購入しましょう。

開封後はなるべく早めに食べる

ナッツ類に多く含まれている不飽和脂肪酸は、酸化しやすいのが特徴。
開封後にはなるべく早く食べるか、冷蔵庫で保存するのがおすすめです。

 体に良いものを摂ろう!

Webライターは、ただでさえ座りっぱなしで不健康になりがち。
ライティングのお供には、なるべく体によいものを摂りたいものですね。

ただ、なんでも適量が一番。
くれぐれも食べ過ぎには注意してください。