副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

アドセンス合格には必要?グーグルフォームで『お問い合わせフォーム』を作成しよう

ブログに「お問い合わせフォーム」を設置していますか?
使っているブログサービスに、お問い合わせフォームのブログハーツがなければ、作成して設置しましょう。

お問い合わせフォームは、グーグルアドセンスに申請をする際には必要といわれます。
『グーグルフォーム』を使えば、カンタンに作成することができます。
解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

グーグルフォームで「お問い合わせフォーム」を作成

ホーム画面を開いて選択する

f:id:kojiabe1967:20181209184946p:plain

グーグルフォームのホーム画面にアクセスします。
いくつかのテンプレートもありますが、ここでは空白を使っての作り方をご説明します。

左上の「空白」を選択します。

フォーム題名、項目名を入力

f:id:kojiabe1967:20181209185004p:plain

一番上の「Untitled form」の欄に、フォームの題名を入力します。
今回は「お問い合わせ」と入力。

次に、その下の「Untitled Question」には、「お名前」を入力。

f:id:kojiabe1967:20181209185014p:plain

このようになります。


記述式に変更

続いて、入力した「お名前」の右端の「ラジオボタン」となっている部分を開いて、「記述式」を選択します。

f:id:kojiabe1967:20181209185023p:plain

名前を入力する項目なので、「記述式」を選ぶのですね。

必須ボタン

f:id:kojiabe1967:20181209185035p:plain

右下にある「必須」というボタンをONにすれば、お名前の項目を入力しないと、送信ができない仕様になります。

項目を追加していく

次に、右側に見える「+」ボタンをクリックし、新しい項目を追加します。

f:id:kojiabe1967:20181209185044p:plain

同じように、「メールアドレス」「質問内容」などの項目を作っていきます。

注意したいのが「質問内容」

「お名前」「メールアドレス」は、1行で事足りるので「記述式」を選択しましたが、「質問内容」の入力欄は、書き込む内容によっては数行にわたることが充分考えれますね。

そこで、3つ上の画像をみてもらうと、記述式の下に、「段落」がありますね。
この「段落」を選択することで、質問者が長い文章を入力することができるようになります。

「お名前」で説明したよう、すべて「必須」をONにしておきましょう。

フォームが完成したらブログに貼り付け

f:id:kojiabe1967:20181209211717p:plain

これでフォームの作成が終了です。

次に、この完成したフォームを、ブログに設置する「お問い合わせフォーム」にリンクさせる設定をおこないます。

f:id:kojiabe1967:20181210073622p:plain

右上にある「送信」をクリックします。

 

f:id:kojiabe1967:20181210073633p:plain

「送信方法」の真ん中をクリックすれば、アドレスが表示されますので、これを任意のリンクに貼り付けすればOKです。

ちなみに、その右隣りにあるのは、HTMLコード。
ブログに別途、問い合わせ専用ページを作成するのなら、HTMLコードを貼り付けてページを作ります。

もっとも簡単なパターンを解説しましたが、もちろん、項目を更に追加したり、自分の好みにカスタマイズしてもよいでしょう。
 

 グーグルフォームは自動保存なので、ホームに戻れば、作成したフォームが確認できます。

f:id:kojiabe1967:20181209185055p:plain


グーグルフォームは簡単なので設置しておきましょう

問い合わせフォームの作成は、ご説明したように特に難しいことはありません。
グーグルアドセンスの審査合格には必須といわれていますので、ぜひ設置しておきましょう。