副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

その体の不調は眼精疲労が原因かも!IT眼症の症状と予防方法

IT眼症をご存知ですか?
 IT眼症は、液晶画面を長時間見続けることによって生じる、眼精疲労が原因の病気です。
ITの普及によってパソコン、ゲーム、スマホなどが生活の一部になりました。

近年では、子どもがゲームやスマホの使いすぎでIT眼症を発症してしまうケースも多く報告されています。 
目の病気は、パソコンを常に使用しているWebライターにとっては死活問題です。

 しかもIT眼症は、単に「目が疲れる症状」というわけでもないようです。
それでは、どんな病気か詳しくみてきましょう。

 

 IT眼症とはどんな病気?

f:id:kojiabe1967:20181105191137j:plain

IT眼症は、パソコン、ゲーム、スマホなどのIT機器の長時間使用によって、目の疲れ、目の乾き、頭痛などの症状を引き起こす目の病気です。

それが悪化することで、全身の不調までを引き起こすこともあるとか。
 「VDT症候群」、「テクノストレス眼症」ともいわれます。

 

IT眼症の症状

IT眼症の原因は、目の疲れ「眼精疲労です。
主な症状を下記に挙げます。

視覚に関する症状
  • 物がぼやけて見える
  • 物が2重にみえる
  • 目の周りが痛い
  • 目が開けられない
  • こめかみが痛い
  • 目が乾く
  • 視力が落ちる
筋肉に間する症状
  • 首・肩・腕・腰などのこり、痛み、しびれ
  • 手指のしびれ
体に関する症状
  • 嘔吐
  • 便秘・下痢
  • 月経不順
  • 食欲不振                  
心に関する症状

IT眼症を治すためには

f:id:kojiabe1967:20181105191206j:plain

 目に異常を感じたら、早めに眼科を受診しましょう。
眼科の治療では、目の疲れをやわらげる点眼薬の処方や、身体や目の緊張をほぐすための内服薬による治療がおこなわれます。

何か目に異常を感じ時にご自身でできることは、まずは液晶画面を見ないことです。

長時間同じ姿勢で作業をしない、目にあった度数のメガネをかけるなどの対策も重要です。

 IT眼症を予防するには

IT眼症を防ぐには、目に負担をかけないよう日頃から気をつけましょう。
下記にまとめます。

  • 1時間に一度10~15分程度の休憩をとり、目のストレッチをする
  • IT機器から40cm以上離れて使用する
  • 反射型のディスプレイを使用する
  • 視線はやや下向きにする
  • 画面の明るさを暗くする
  • 部屋の乾燥に注意する

 

目の訓練をしよう

IT眼症を防ぐには、目の訓練をおこない、習慣化するのが効果的です。

筋肉をほぐす

1日に数回、5m以上先の遠方を3分間見続ける。

目の調整機能を高める

目の50cm先のペンを少しづつ目に近づけ、6~8cmくらいまで近づけたら、再び離していく。これを5分間ほど繰り返す。

 

Webライターは目を大切に

f:id:kojiabe1967:20181105191445j:plain

 長時間パソコンに向かい続けることもあるWebライターは、日々、目を酷使しているといっても過言ではありません。
 IT眼症を防ぐには、適度に休憩を挟むことです。

また、なんだか目の調子が悪いな、と思ったら、早めに病院にかかることも心がけましょう。
 悪化してからでは遅いのです。