副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

目標達成はモチベーションの維持が大切!『小さな成功体験の積み重ね』がカギ

何かを成し遂げようと思ったら、まず「目標」を立てますよね。
しかしながら、「目標を立てただけ」で終わってはいませんか?
目標に到達するまでモチベーションを維持するのは結構大変です。

漠然と目標を立てるだけではダメなのですね。
この記事では、目標に向うモチベーションを維持し、達成させるためのコツをご説明します。

 

目標を持つメリットは

f:id:kojiabe1967:20181110180300j:plain

まずは、目標を立てるメリットを挙げてみます。

  • やる気が出て、気持ちがポジティブになる
  • 努力を継続することができる
  • 将来を見据えることができる
  • 時間の管理ができるようになる

こんなところでしょうか。
良いことばかりですね。

当たり前ですが、目標を持てば、「頑張ろう」と思うので、やる気にはなるでしょう。

しかし、大概の場合、それは一時的なもので長続きしないのです
「目標のために頑張ろう」という『モチベーション』を継続させるのが重要です。

 

モチベーションを維持するためには

目標を立てた直後は、モチベーションが上がります。
しかし、最初の意気込みはどこへやら、次第にモチベーションは下がっていきます。

モチベーションが下がっていく最大の理由は、目標が高すぎるのです。
 目標を達成するためには、そのモチベーションを高めたまま持続させなければなりません。

あまりに目標が高すぎると、達成までの期間が長すぎ、モチベーションを維持するのは難しくなります。

「目標を下げればいいのか?」
そうではありません。
最終目標はそのままでいいのです。

目標を細分化する

「1億円貯めたい!」と大きな目標を漠然と立てても、その遠い道のりに挫折することもあるでしょう。

大きな最終目標を念頭の置きつつも、そこへ到達する道のりを細分化することで、モチベーションを維持できます。

大目標・中目標・小目標に分ける

目標を細分化し、それを少しずつ達成していくのです。

●大目標=1億円ためる
●中目標=年収を2000万以上にする
●小目標=本業以外の収入を増やす 

大目標に到達させるまでのプロセスを明確にするわけですね。
この例でいえば、小目標の「本業以外の収入を増やす」ですが、まだ漠然としています。

この小目標をさらに細分化します。

副業を始める

毎日2時間副業をする

1日5000円稼ぐのを目標に

1ヶ月に10万円を目標

時間単価を上げる

1ヶ月20万を目標

このように小さな目標を立て、少しずつ目標を達成していきます。
目標を達成したという、「成功体験」を積み重ねるのです。

この成功体験は、多ければ多いだけ効果的です。
小さい目標ながらも、多くの達成する喜びを感じることで、大目標に向かってモチベーションを維持していくのです。

実際には、もっと細分化し、毎日のように達成感を感じるくらいでもよいと思います。

「心が折れやすい」「すぐ挫折してしまう」と思うのであれば、なるべく多くの小目標を立てるのをおすすめします。

目標を公言する

目標を公言することは、モチベーションの維持につながります。
「言ってしまったからには、頑張らないと」と、自分に思わせるわけです。

目標を内に秘めていると、「ダメなら次の目標を見つければいいや。」と、自分に甘えが生じます。
自分の目標、夢をどんどん周りに公言しちゃいましょう!

目標を公言する際の注意点

できれば、家族や友人、職場の同僚など、実際に知っている人に公言しましょう。
ツイッターなどのSNSで公言しても、効果は低いです。

フォロワーがほとんどリアルな知り合いならよいですが、ほとんどの場合、どこの誰だか知らないですよね?

そんな場所で公言しても、ほとんど意味はなく、効果は期待できないでしょう。

リアルな知り合いの前で公言し、「宣言したからには逃げられないぞ。」という状況に身をさらさないとダメなのです。

目標を紙に書く

「目標や夢を紙に書こう。」というのは、自己啓発系の書籍などでよく書かれますね。

「書けば必ず叶う」だなんて、魔法みたいなお話はないでしょう。
目標や夢を書き留めておき、挫折しそうになったときに見ることが、モチベーションの維持に効果的なのだと思います。

Webライターですので、ブログなどで書くのもよいでしょう。
紙でもWordファイルでも、いつでも確認できる状態であればよいわけです。

ローマは1日にして成らず

f:id:kojiabe1967:20181110180245j:plain

ドンキホーテ」で使われている有名な名言です。
大きな目標に達するには、小さな目標を確実にこなしていくのが近道なのですね。

『小さな成功体験』をたくさん積み重ねて、夢に着実に近づいていきましょう!