副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

【開業届け】を提出しました!副業Webライターは青色申告で節税がお得

昨年半ばよりお試しで始めたWebライター。
とりあえず副業としての手応えを感じたので、今年からは事業者登録をします。

節税効果が高い「青色申告」を利用するには、開業届けを提出して事業者登録をする必要があります。
事業者登録は副業でも可能ですので、ぜひ開業届けを提出しておきましょう。

この記事では、青色申告をすることのメリットやデメリット、『開業Freee』を利用した開業届けの作成方法をご説明します。

 

青色申告のメリット

f:id:kojiabe1967:20190101083305j:plain

「副業だから、青色申告する必要なんてないのでは?」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、税金の面では白色申告(雑所得で申告)より、はるかに節税効果がありますので、副業とはいえ青色申告をすべきです。

青色申告にはどんなメリットがあるのでしょうか?

控除がある

青色申告では、10万と65万の所得控除を選べます。(選び方は下記で説明します)

副業の場合、事業所登録していなければ控除できるものはありません。
社会保険料控除などのもろもろの控除は、本業のほうで引かれていますから。

例えば、白色申告で100万の利益を得た場合、その全てが所得税算出の対象になります。

しかし、事業者登録をして青色申告をすれば、65万を差し引いた35万が所得税算出の対象となるわけです。

簡単に説明しましたが、実際の所得税は、本業の収入と合算して計算されますのでご注意を。

ただ、控除なしで計算されるより大分お得なのは間違いありません。

経費が計上できる

白色申告では、最低限の経費以外は認められない可能性があります。
自宅で仕事をしているなら、家賃や電気代なども経費として計上できます。

本業と損益通算できる

もし、パソコンやデスクなど、初期投資の費用がかさみ赤字になった場合は、本業の収入と合算して赤字を相殺できます。
その分、税金が安くなるわけです。

ただ、むやみに経費を計上して無理やり赤字にすると、税務署に指摘される場合がありますのでご注意を。

青色申告のデメリット

それでは、青色申告者として事業所登録した際のデメリットはあるのでしょうか?

帳簿をつける必要がある

白色申告では、売上と経費は簡単な記録で済みます。
一方で青色申告の65万控除を選択した場合は、複式簿記での記帳が必須になるのです。

複式簿記を理解するには簿記の知識が必要ですが、会計ソフトを利用すれば心配するほどではありません。

利益が少ないと恩恵が得られない

せっかく65万の所得控除が利用できても、それが引ききれる以上の利益がなければ意味がありません。

つまり、毎月お小遣い程度の利益であれば、白色申告のままでいいかもしれないのです。
利益が年間で20万以下なら、もともと所得税は申告不要ですし。

また、副業の売上が少なくても、あえて事業者登録をして赤字にすることで節税する人がいます。

経費をたくさん計上して副業を赤字にするのです。
そしてその赤字分を本業の利益と相殺することで税金を少なくしよう、というわけです。
たしかに職種によっては、有効な節税方法かもしれません。

しかし、Webライターは利益率の高い仕事です。
経費がたいして掛からないのですね。

ですので、Webライターで毎年赤字にしている(経費を多く計上している)と、税務署に目をつけられる可能性があるので、おすすめできません。

廃業届が必要

副業を辞める、または青色申告から白色申告に戻す場合には、「廃業届け」を提出しなければなりません。

開業届けの書類を入手

最終的に税務署に提出するのは同じですが、書類の入手方法は次の3つです。

  • 国税局のHPからダウンロード

  • 税務署でもらう

  • 「開業Freee」で印刷

僕は、開業Freeeで作成することにしました。
税務署に行く時間が勿体無いですし、ダウンロードするにしても、自分で調べながら書くのは面倒でしたので。

『開業Freee』で書類作成

開業Freeeは、カンタンなアンケート方式で開業届を作成できるので便利です。
メールアドレスを登録すれば、無料で利用できます。

もちろん、その後宣伝メールが来るので、そういうのが嫌な人は自分で書類を用意して作成しましょう。

f:id:kojiabe1967:20181230094406p:plain

この5つの項目を入力するだけです。
ほんとお手軽です。

仕事の種類と概要を入力

f:id:kojiabe1967:20181230094400p:plain

まず職種ですが、ご覧のように「ライター」的な職種がないので、自由入力を選んで右の欄に入力します。

f:id:kojiabe1967:20181230094354p:plain

調べてみると、ライターなら「文筆業」が適切なようです。

個人事業主の場合、所得金額が290万を超えると業種によっては「個人事業税」がかかりますが、文筆業なら「個人事業税」がかからない場合もあるとのこと。

しかし、これについては業種によって、または自治体によっても取扱いが違うので、管轄の税務署に問い合わせして下さい。

仕事の概要は、「記事の執筆及びWebサイトの運営」としました。

開業日を入力

f:id:kojiabe1967:20181230094339p:plain

開業日は、きりがいいので1月1日にしました。

見込みの収入を入力

f:id:kojiabe1967:20181230094333p:plain

まだ副業で月に20万を稼いだことはありませんが、いずれ達するだろうとの見込みで入力。

働く場所を入力

f:id:kojiabe1967:20181230094326p:plain


こちらは選択式です。
もちろん「自宅で働く」を選択。

従業員や家族に給与を支払うのかを入力

f:id:kojiabe1967:20181230094320p:plain

「今はない」を選択。

f:id:kojiabe1967:20181230094314p:plain

これで5項目入力終了です。

収入の種類を選択

f:id:kojiabe1967:20181230094308p:plain

次に収入の種類を選択します。
「事業所得」を選びます。

確定申告の種類を選ぶ

f:id:kojiabe1967:20181230094300p:plain

確定申告の種類は、2つの青色申告と白色申告の中から選びます。
見込み納税額が参考として示されていますね。

まず、白色は選ぶことはないですね。
それでは開業届けを出す意味がほとんどありませんので。

そこで、2つの青色申告のどちらかを選択するわけですが、それぞれ控除額に違いがあります。

控除とは、売上から経費を引いた利益から差し引くことができるものです。

つまり

売上ー経費ー(控除額10万または65万)=収入

となります。

当然、控除によって収入が少なくなる分だけ、それに掛かる税金も少なく済むので、「青色申告65万」を選んだほうがお得です。

控除額10万と65万、何が違うのか?

では、青色申告の控除額10万と65万、どんな点が違うのでしょうか?帳簿の付け方、難易度が違います。

青色申告控除額10万=単式簿記
青色申告控除額65万=複式簿記


単純にお金の流れだけを記録する単式簿記と比べ、複式簿記は帳簿の入力が複雑で難しいです。

普段の取引は「借方」「貸方」に分けて仕訳し、決算もしなければなりません。
確定申告の際は、「貸借対照表」の添付も必要です。
簿記や経理の経験がないと、最初は面食らうかもしれません。

つまり、明快明瞭に詳しく帳簿をつける人は優遇しましょう、ということですね。
しかし、今は安価な会計ソフトもありますので、それらを使用すれば問題ありません。

『開業Freee』でも、65万控除のほうを「オススメ」としています。

f:id:kojiabe1967:20181230094247p:plain

最後に書類を提出するをクリックして、所轄税務署の確認、書類を印刷をすれば終了です。

印刷された書類には、ハンコを押すのをお忘れなく。
開業Freeeでは、控えも一緒に印刷されますので便利です。

持参か郵送をする

作成した書類は、税務署に直接持参するか、郵送をするかになります。

税務署に持参した場合、正しく作成できていればざっと目を通されて受理されます。
特に聞きたいことなどない場合は、郵送でもよいでしょう。

郵送する場合のポイントは、控えと切手を貼った返信用封筒を同封して送ること。
後日控えが返信されることで、受理されたことを確認できます。

Webライターで副業するなら青色申告で節税しよう

副業である程度の利益が出るのなら、雑所得での申告は勿体無いです。

白色申告にせよ、帳簿をつける必要はありますし確定申告しなければならないのは一緒です。

それであれば、事業所得にしないと損ですね。
ぜひ、開業届けを提出して、しっかりと節税しましょう。