副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

副業Webライター1年目必見!確定申告で納めた所得税が返ってくるかも?

今年も残りわずかですね。
今年、副業としてWebライターを始めた方は、そろそろ税金について考えることもあるのではないでしょうか?

副業で20万以上の利益が出た場合、所得税を納める必要があります。逆に20万以下なら、税金が返ってくるかもしれません。
副業を始めたばかりのWebライター向けに、詳しくご説明しましょう。

 

副業の所得が20万超えている場合

f:id:kojiabe1967:20181216162941j:plain

所得とは、経費を差し引いたいわゆる「手取り」額です。
副業であれば、仕事を始めるにあたり購入した机、パソコンなどが経費になります。

そのような経費を差し引いて利益が20万以下であれば、所得税については申告が不要です。

もちろん、確定申告をしなければなりません。

 

所得税額は本業の稼ぎで決まる

副業としてWebライターを始めた場合、白色申告の雑所得、青色申告の事業所得、どちらにせよ、総合課税で所得税額が決まります。

総合課税とは、本業の所得額に副業の所得額を合算した金額で税額を決めるものです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

 参考:国税庁

所得が20万以下なら税金が返ってくるかも

案件によっては、クライアントが源泉徴収している場合もあるかと思います。

所得が20万以下であれば、所得税を払う必要がないので、クライアントに天引きされた所得税は返ってきます。

ただし、還付金を受けるには、確定申告が必要です。

 

所得が20万以下でも住民税はかかる

「所得が20万以下なら税金がかからない」というのは所得税に関してであって、住民税は関係ありません。

副業の所得がいくらであろうと、10%の住民税はかかります。
実際の住民税額は、道府県によって均等割の金額や所得割の税率か異なりますので、きっちり10%の金額とは限りません。

目安として、大体10%と覚えておけばよいでしょう。

 

節税するなら

もし今年から副業を始めて、20万を超える所得があるのなら、仕事で必要なものを購入し、経費として年内中に落としておきましょう。

ただ、売上に対してあまりに大きい経費は税務署に否認される可能性もありますので、ご注意を。

机やパソコンなど、必ず仕事で必要なものは問題ないので、しっかりと領収書を保管しておきましょう。

経費を使う場合の注意点

白色申告者は、10万を超えるものは一括で経費にはできません。
10万を超えたパソコンや高級チェアなどは、「減価償却」という複数年数に分けて経費として落としていく方式をとらなければなりません。

ちなみに、事業登録をした青色申告者の場合は、「少額減価償却資産の特例」により30万まで一括で経費として処理できる特例があります。(2020年3月まで)

今年始めた副業に手ごたえを感じているなら、来年度から青色申告にしようと考えている方もいるでしょう。

高額なハイスペックパソコンが必要であれば、来年度に「少額減価償却資産の特例」を活用して、一括で経費として処理してしまいましょう。

また、青色申告者には65万の控除が設けられていますし、多くの経費を使う必要があるのであれば、やはり事業者登録をしてからのほうがお得です。

 

確定申告の準備はお早めに

一昔前なら、「まずは確定申告本を買ってから」と、サラリーマンには敷居が高かった確定申告。
今はネットで源泉徴収票を見ながら打ち込めば、簡単に書類が完成し、郵送して完了です。

もし、どうしても税務署で相談することがあるのなら、年内がオススメ。
年が明けると、混雑しますよ。
それでは、また。