副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

同音語「温める」「暖める」の使い分けを理解しておきましょう

本格的に寒くなりましたね。
ところで、「温める」「暖める」の使い分け、わかりますか?
季節柄か、ここのところ「温」「暖」をライティングのお仕事で使う場面が多い気がします。

使い分け方をしっかりと理解していないと、ライティング中に「ん?」と一瞬キーボートを打つ手が止まってしまうことにも。
一度しっかりと確認しておきましょう。

 

「温める」「暖める」の使い分け方

f:id:kojiabe1967:20181218195956j:plain

温と暖は、国語辞典で調べてみると同じ意味で、どちらを使っても問題ないことになっています。

しかし、一般的には使い分けの原則がありますので、それに沿った使い方が望ましいでしょう。

・「温める」=体の一部、物を表現するとき、または抽象的な表現で使用

・「暖める」=体全体、空間全体を表現するときや、室温や気候を表すときに使用


具体的にご説明します。
例えば…

「足をめる

「ごはんをめる

かいお弁当」

 「足」は体の一部、ごはん、お弁当は物ですので、「」を使います。

 

「心をめる」

「懐をめる」

めていたプロジェクト」

 これらは、実際に何かを温めるわけではなく、抽象的な表現なので、やはり「」を使います。

 

「温泉で冷えた体をめる」

体の一部ではなく、体全体なので「」を選びます。

 

「明日はかいでしょう」

かい地域」

「部屋をめる」

 気候や室温、部屋などに使用する際も、「」です。

 

「温める」「暖める」の使い分け方に迷ったら

もし、「温める」「暖める」の使い分け方に迷ったときは、それぞれの反対語を当てはめてみます。

・温かいの反対語=冷たい
・暖かいの反対語=寒い

 例えば、「たいお弁当」とは言いますが、「いお弁当」とは言いませんね。

なので、あたたかいお弁当を表現する場合は、「かいお弁当」となるわけです。

 

今日はかった」とは言いますが、「今日はたかった」とは言わないと思います。

この場合は、「今日はかった」と、「」を使用するわけです。

 

 

念ためもうひとつ。

水がたい」とは言っても、「水が」とは絶対に言いませんね。

なので、「水がかい」が正解です。

 

今回のまとめ

「温める」=体の一部、物を表現するとき・抽象的な表現で使用

「暖める」=体全体、空間全体を表現するとき・室温や気候を表すときに使用

「温」「暖」で迷ったら反対語を当てはめてみる

 「温」「暖」の使い分け、調べてみると案外簡単でわかりやすいものでしたね。

やはり、一瞬でも「ん?」と思ったら、わからないままにせず、しっかりと解決しておくのが大切です。

それでは、また。