副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

その接続詞の使い方間違っていませんか?接続詞の使い方まとめ

接続詞は文と文をつなぐ際には、とても便利ですね。

便利ですが、ついつい多用してしまったり、使い方を間違うと、ちぐはぐとした文章になることもあり、注意が必要です。

接続詞の種類、使い方を確認しておきましょう。

 

接続詞の種類

f:id:kojiabe1967:20181107205133j:plain

順接の接続詞

前の文が、後ろの文の順当な原因・理由になっており、結果が後にくる場合に使用する接続詞です。

 「だから」「「したがって」「それで」「そのため」「そこで」「よって」「ゆえに」「すると」「その結果」「それなら」「このため」

逆接の接続詞

前の文とは反対の意味の文が後ろにくる場合に使用する接続詞です。

 「しかし」「だが」「だけど」「でも」「それでも」「ところが」「けれど」「けれども」「なのに」「それなのに」「ですが」「とはいうものの」「にもかかわらず」「とはいえ」

 添加の接続詞

前の文に他の内容を付け加える際に使う接続詞です。

「また」「さらに」「しかも」「そのうえ」「それに」「加えて」「そればかりか」「そして」「それから」「なおかつ」「なお」 

並列の接続詞

前の言葉と後ろの言葉の内容が並列な関係を表すときに使用する接続詞です。

「ならびに」「かつ」「および」

対比・選択の接続詞

前の文と後ろの文を比べる、または選択するときの接続詞です。

 「逆に」「「一方で」「あるいは」「それとも」「もしくは」「または」「むしろ」

説明・補足の接続詞

前の文の内容に説明を加えるときに使用する接続詞です。

 「なぜなら」「つまり」「すなわち」「ただち」「例えば」「ただ」「ちなみに」「言わば」「要するに」「なお」「言い換えると」

転換の接続詞 

話題を変える際に使う接続詞です。

 「さて」「ところで」「次に」「では」「それでは」「ともあれ」「そういえば」「それにしても」「それはさておき」「それはそうと」

このように、接続詞には種類があり、多くの言葉があります。

前の文と後ろの文の関係性から、接続詞を適切に選んで使用しましょう。

 

順接の接続詞を使用する場面で、逆接の接続詞を使ったり、説明の接続詞を使用すべきところを逆接にしたりなどは、文章がちぐはぐになる原因になります。

 

接続助詞の「が」の使い方に注意しよう

よく使用する「が」についても触れておきましょう。

 「が」には、2つの文を単につなぐ「留保の接続助詞」と、前の文の後ろに逆接の文が続く「逆接の接続助詞」があります。

 

使い方を間違えると、意味がわかりにくい文になりがちです。

 「今年からギターを始めた、思ったより楽しい」

 一見、問題ない文章のようですが、逆接の接続助詞「が」の後が逆接の文章になっていません。

「始めたが、楽しい」では、何か変ですね。

 

 「今年から始めたギター、思ったより楽しい」

 この場合の「が」は、逆接ではなく、2文をつなぐ「が」です。

 

「今年からギターを始めた、つまらないのでやめます」

 「始めたが、やめる」

この文なら、逆接の「が」になっていますね。

逆接の「が」を省いてみる

逆接の「が」はとても便利な言葉で、ついつい多用しがちです。

「が」を省いて2つの文章にわけた方がすっきりし、文章にリズム感が出る場合も多いです。

 「今年からギターを始めた、指が痛いのでもうやめる」

「今年から始めたギター。指が痛いのでもうやめる」

 「が」を省くと共に、体言止めも使うことでリズム感が出ます。

 

このように、ついつい使いがちな「が」を省こうと考えることで、「体言止めを入れよう」「2文に分けよう」といった思考につながり、結果、文章の質が上がるのですね。

今回のまとめ

f:id:kojiabe1967:20181107205105j:plain

  • 接続詞の使い方に注意する
  • 「が」にも注意
  • 逆接の「が」を省いてみよう

文章は、必ずしも接続詞、接続助詞でつなげる必要はありません。

接続詞の多用は、文章の質を落とす場合もあるのです。

時には、省くことで文章がすっきり読みやすくなるので、適時使い分けましょう。