副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

【初心者必見!】駆け出しWebライターの文字単価の相場はどのくらい?

副業としてWebライターを本格的に始めて、半年ほどが経過しました。やっと、勝手がわかり始めた段階でしょうか。

Webライターを始めようか、と考えているサラリーマンの中には、実際どのくらいの収入が得られるのかわからず、二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。

そこで、今回の記事では、まだまだ駆け出しの身ではありますが、僕が現段階で感じるWebライターの相場観を綴ってみます。

これからWebライターを始めてみたい、という方の参考になれば幸いです。

 

 駆け出しWebライターの相場観

f:id:kojiabe1967:20190205114448j:plain

クラウドソーシングサイトの案件を覗いていると、文字単価0.1円、もしくはそれ以下からありますので、「なんだ、そんなに安いのか」とWebライターをあきらめる人もいるかもしれません。

しかし、それら激安な案件は、「地雷案件」「搾取案件」などと呼ばれ、通常、応募するべき仕事ではないので安心してください。詳細を見る価値もありませんから。
では、どのくらいが相場なのか?

それこそ、月に100万前後、それ以上稼いでいるライターは、文字単価7円、10円に設定している人もいますが、キャリアにして、4~5年以上のベテランが多い印象です。

キャリア半年ほどの、駆け出しライターである僕が感じる相場観は、文字単価1円から1.5円

これくらいなら、問題なく執筆できます。
実際、本格的に始めてから2か月以降は、1円以下の仕事はしていません。

最初の1~2ヶ月は、0.4~0.6円くらいの案件を数件こなして実績をつくり、その後は1円以上の案件に応募しましょう。

間違っても、0.1~0.2円あたりの、「地雷案件」に応募しないように。

時間単価で考えてみる

通常、アルバイトを探す際の目安になるのが「時給」です。
それでは、文字単価1円の記事を執筆した場合、時給でいえばいくらになるのでしょうか?

これは、1時間に何文字書けるのか?ということでもありますが、記事の内容、クライアントからの要望などによって難易度は異なるので、一律に計算することは困難です。

あえて言うならば、僕の主観ではありますが、画像の選定やテーマの選出などすべてを含んで、平均して1時間1000文字くらいではないか、思います。

つまり、文字単価1円なら、時給1000円です。1.5円なら1500円。
駆け出しライターであれば、こんなところではないでしょうか?

ちなみに東京都の最低賃金は985円。
なんとかクリアできますね。

何度も言いますが、0.1円、0.2円の案件に応募しないでください
時給100円、200円なら、コンビニでバイトしたほうが何倍もましです。

専門分野があれば高単価案件が狙える

相場観は、1円から1.5円といいましたが、これは調べれば誰でも書けるようなレベルの記事の場合です。

たとえば、金融関連、不動産などのジャンルには高単価案件が結構あります。
ただ、それらの専門分野には、「権威性」が求められます。

権威性とは、その分野に精通した専門家であるということ。
具体的には、資格を保有しているかどうか、が基準になります。

そのような案件の場合、2円、3円、5円と、高単価なケースも多いです。
時給で言えば、2000円、3000円、5000円というわけですね。

このような案件は、駆け出しライターが資格もなく応募したところで、よっぽどのその分野での実績がない限り、採用されるのは難しいです。

ごく平均的なライターを称して、「1円ライター」と呼ばれることがあります。
とどのつまり、専門性を高めることが、1円ライターから脱する近道になるわけです。

相場はあくまで目安

駆け出しライターの僕が、これまでの経験で相場感を語りました。
「1円ライター」という言葉があるように、僕が感じる相場観、1円から1.5円というのは、あながち間違っていないと思います。

しかし、相場はあくまで目安。
2円、3円が当たり前、というWebライターが大勢いるのも事実です。

日頃からスキルを磨き、専門性を高め、相場以上のライターを目指しましょう。