副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

初心者Webライターはご注意を!『地雷案件』『地獄案件』『搾取案件』とは

予算の有無、レベルに関わらず、「なるべく安く記事を書いてもらおう」と考えるクライアントは少なからず存在します。

中でも、相場より激安である、また報酬に対して要求が過度な案件は、『地雷案件』『地獄案件』『搾取案件』と呼ばれ、敬遠されます。

今回の記事では、Webライターを始めたばかりの方向けに、そんな応募するべきではない案件を見極める方法をご紹介します。

 こんな募集タイトルに注意

f:id:kojiabe1967:20190209173525p:plain

クラウドソーシンサイトで募集されている案件にはそれぞれタイトルがつけられています。

それらには、案件の内容や文字単価などが織り込まれていますが、タイトルの頭に書かれている文言に注目しましょう。

【初心者歓迎】【主婦歓迎】などと書かれていれば要注意です。
タイトルをクリックして、募集の内容を見れば、おそらく0.1円以下、よくても0.2~0.3円くらいの文字単価が示されていると思います。

どうせ、「あなた初心者なんでしょ?」「主婦の小遣い稼ぎなんでしょ?」、「だから文字単価0.1円でも十分でしょ?」という思いが透けて見えませんか?

つまり、これらが『搾取案件』です。
とにかく安く記事を量産して、手っ取り早く稼ごうと考えているのですね。

ですので、いくら初心者Webライターであれ、0.1円以下などと謳っている案件に応募してはいけません。

先日も当ブログで書きましたが、Webライターの相場観からも大きく逸脱しています。
そのような「搾取案件」クライアントは、自分のサイトに短期間に多くの記事を投稿したいがため、限界まで安いライターを雇いたいと考えています。

最低でも文字単価0.4円以上から

とはいえ、いきなり高単価な案件を受けられるわけではありません。
まずは、最低限の実績づくりをする必要がありますが、それにしても文字単価0.1円以下はひどいすぎます。

僕は、0.4円以上から始めました。さすがに勝手がわからない部分もありましたが、文章を書く、ということ自体には特に問題なかったです。

どうしても最初は、「記事なんて書いたことないし」「文章力がまだまだ低いので」などと、自分を過小評価しがちです。

でも大丈夫。僕も全く文章力には自信はなかったですが、今では副業で月に10万円以上コンスタントに稼げていますし、今でも文章力に自信はありません。

必要以上に自分からレベルを下げてしまうのは、「搾取クライアント」の思う壺なのですよ。

内容を確認してから応募する

なんとなく良さげと思い応募したら、ものすごぐ作業量が多かったり、要求が厳しかったりすることがあります。

たとえば、画像。
募集内容には画像について触れられていなかったにもかかわらず、「1記事で10枚以上のフリー画像を探してきて貼り付けてください」などと指示されたことがありました。

その案件の文字単価は0.5円程度だったと記憶していますが、さすがに割に合わないと判断してお断りしました。

思えば、事前に質問して確認しておけばよかったのですが、Webライターを始めたばかりではわかりません。時間を無駄に使ってしまった典型です。

また、ある案件は、キーワードを50個ほど提示してきて、文中にそれぞれいくつ盛り込むように、と指示してきました。

文中に使われている個数がひとつでも少ないと駄目なのです。
この案件は、書き始めてから大変さに気づいたために断ることができず、しっかりとやりきってから納品し、その後はお断りしました。

激安な案件はすべて『搾取案件』

僕の実体験をもとに書きましたが、地獄案件、搾取案件に関わらないためには、「激安案件に応募しない」ことが重要です。

報酬が安い案件ほど、クライアントは記事の質より量を第一に考えています。
逆に、文字単価が高いクライアントほど、質の高い記事を書いてもらうと考えているわけですね。

「さぁ、副業Webライターで稼ぐぞ」と思っているサマリーマン、少しでも家計の足しになればと考えている主婦の方々、激安な報酬の案件に応募しないように気をつけてください。