副業Webライターのススメ

副業......それは会社に依存しない働き方『じぶん働き方改革』

副業Webライターが文章力を上げるために心がけていること

副業でWebライターを始めてみたものの、自分の文章力のなさに驚愕することもあるかもしれません。

実際に僕も、在宅で稼げるメリットからWebライターを始めて半年以上経過しましたが、未だに文章力のなさを憂いています。

そこで今回は、僕が文章力を上げるべく、日頃から心がけていることを記事にしました。

Webライター初心者や参入を検討している方の参考になれば幸いです。

 インプットとアウトプットの繰り返しが大事

f:id:kojiabe1967:20190314111442j:plain

文章力を上げるには、とにかく多くの本を読んでインプットする。
そして、書き続ける(アウトプットする)。

このインプットとアウトプットの繰り返し、これに付きます。
ただ闇雲に執筆をしていても、書くことに慣れるかもしれませんが上達はしないでしょう。

上質なインプットなしに執筆を続けると上達するどころか、変な癖がついたまま、それが自分の型として固まってしまうかもしれません。

何事にもいえることですが、我流はこびりついてしまうと修正するのはとても難しくなります。

ちなみにインプットは「書籍」であることが重要。
Webコンテンツの文章は質の差が激しいのでおすすめできません。

もともと文章力に自信があるなら問題ないですが、もっと文章力を上げたいのなら、本をたくさん読んで書く。

このスタイルを自分のライフスタイルとして確立するのが、文章上達の近道に違いない、と確信しています。

フィードバックしてくれるクライアントと仕事する

自分の文章を客観的に読むことは難しいので、フィードバックしてくれるクライアントさんはとても有り難い存在です。

仕事を始めてみるとわかりますが、提出した記事をフィードバックしてくれるクライアント(修正点を示してくれる)と、ほとんど何かを指摘することはないクライアントに分かれます。

僕は最初、何も指摘されないほうがありがたいと感じていました。
フィードバックで多くの修正点を指摘されると、その後の修正作業に時間がかかってしまうからです。

しかしながら、それは間違っているとすぐに気づきます。
フィードバックは、自分が書く文章の至らなさを露呈してくれるから。

始めた頃には意味がわからなかった修正点も、次第にわかるようになります。
僕はフィードバックされることで多くの「気づき」を得ました。

中には納得のいかないフィードバックもありますが、そう感じるのも自分が成長した証。

どんどんフィードバックしてくれるクライアントと仕事をすれば、文章力は次第に上がっていくでしょう。

フィードバックにはデメリットも

クライアントによりけりですが、フィードバックをしてくれるクライアントは検収が遅い傾向があります。

1記事検収されないと次に取り掛かれない案件では、仕事がうまく回らず思ったように稼げないことも。

実際、1記事提出して検収されるまで1週間ほどかかる仕事をやっていますが、正直儲かりません。

フィードバックしてくれるのは有り難いのですが......。

ですので、「勉強のためのクライアントさん」と割り切ってお付き合いをしています。

優れた文章力=わかりやすい文章力

「Webライティングに文章力は関係ない」と説くライターさんも大勢います。
「わかりやすいなら、なんでもよいのだ」と。

たしかに検索上位のサイトをみても、そう感じることが多いですね。
しかし、「わかりやすい文章を書く」イコール「高い文章力」だと思っています。

唸るような言い回しなど、うまい文章を書く能力は必要ないかもしれませんが、文章力がなければ本当にわかりやすい文章は書けないのではないでしょうか。